ポールへニングセンのスノーボール

1874年に創業されたルイスポールセンから販売されている「PHスノーボール」のランプは、照明に特別なこだわりを持っていたポールへニングセンが手掛けたシリーズです。

8枚のシェードランプをリ・デザインして1958年に発表されたPHスノーボールは、1983年に既製品化されたため、一般的にも購入できるようになった照明ランプの名作の一つです。
スノーボールという名前の通り、PHスノーボールは雪の結晶のような独特のデザインが特徴的で、北欧デザインならではのモダンな美しさを持っています。

PHスノーボールは、良質な反射板を得るためにシェードの内側には、ツヤを抑えたマットな塗装を施し、眩しさ(グレア)を抑えています。
さらに、外側には光沢のある塗装を仕上げた事で、室内に光が届くように設計された照明器具ですから、PHスノーボールの明かりを灯せばお部屋全体が優しい光に包まれます。

ポールへニングセンが生み出した照明器具達は、単に明かりを灯す器具としてだけではなく、電気を消している時にもインテリアに映える優美なデザインを兼ね備えているため、毎日の生活を楽しく豊かにすることができます。

お値段は少々高めの価格帯となっていますが、一度手にすれば一生ものとして大切にしていく事ができる製品です。

半世紀以上に渡って人々を魅了してきたPHスノーボールは、ポールへニングセンが照明分野でパイオニアとして、これまで残してきた功績を集約させたような逸品です。

Leave a Reply