陶磁器メーカーのアラビア社

1873年に誕生した「アラビア(ARABIA)社」は、フィンランドのヘルシンキの郊外であるアラビア地方が由来となっている陶磁器ブランドで、スウェーデン王室御用達窯であったロールストランドによって設立されました。

1916年にアラビア社は独立を果たし、フィンランドを代表する陶磁器メーカーとして人気を博していきました。

1945年には、北欧を代表するデザイナーとして称賛されているカイ・フランクが、アラビア社に迎え入れられ、ビルカー・カイピアイネン、エステリ・トムラ、ウラ・プロコッペ等、アラビア社には数々の名作を世に送り出したデザイナーが在籍していました。

そのため、機能性とデザイン性を兼ね備えた高品質な製品として、アラビア社の製品は現在でも多くの人々に愛されています。

日本でもお馴染みの「ムーミン」のキャラクターを再現したシリーズは、北欧食器のファンだけではなくムーミンファンの方達にも注目され、アラビア社のアンティーク食器と同じように、多くのコレクターが存在しています。

毎日の食卓を彩るテーブルウエアを中心とした作品は、北欧の草花を始めとする自然をモチーフとしたデザインが描かれており、とても美しく可愛らしい製品が並びます。

Leave a Reply