スウェーデン王室御用達ロールストランド

北欧食器を代表する「ロールストランド」は、1726年にヨハン・ウルフが陶器メーカーとして創立しました。
ロールストランドは、スウェーデン王室御用達窯として誕生し、ヨーロッパでは2番目に古い歴史を持つ伝統あるメーカーです。

ロールストランドの食器は、ノーベル賞授賞式の晩餐会で使用されている事でも有名で、スウェーデン国内では優れた品質が高く評価されています。
2001年より、イッタラグループの傘下となりましたが、現在でもロールストランド製品は変わることのない不動の人気を得ています。

ロールストランド社の製品で、代表的な「モナミシリーズ」はフランス語で“友達・恋人”を意味しています。モナミシリーズのブルーの可愛らしい花模様は、友達や恋人と過ごす時間のように穏やかで温かい空気感を放っています。

その他、「ベルゴラ」や「オスティンディア」、など、白い食器に描かれたブルーの花々が印象的なロールストランド製品ですが、北欧製品でありながらも不思議と和食を盛りつけた時の相性も良いため、日本でもファンが多い大人気の陶器ブランドです。

優しく上品なデザインが多いロールストランドの食器は、季節の料理も美しく見せることができます。

Leave a Reply