アルネヤコブセンのアントチェア

アルネ・ヤコブセンが生み出した名作椅子の一つである「アントチェア」は、1952年に誕生しました。
アリのように見えるフォルムであることから、“アント”という名前が付けられ、“アリンコチェア”と言う名でも親しまれています。

もともとアントチェアは、デンマークの製薬グループであるノポルディスク社の社員食堂用の椅子としてデザインを手掛けたものでした。そのため、大量生産ではなくプロトタイプでのプロジェクトとして作られました。
しかし、アルネ・ヤコブセンが椅子の売れ行きが思わしくない場合には、自らが買取を保障するとし、生産することが決定しました。

アントチェアは、世界初となる座面と背面が1枚の積層合板作られた椅子で、高度な成形加工技術が必要でした。アルネ・ヤコブセンの画期的で斬新なデザインと、フリッツ・ハンセン社の優れた技術によって完成したアントチェアは、現在でもフリッツ・ハンセン社の中で高い人気を誇るロングセラー商品です。

しかし、3本脚+人間の2本脚で安定感をもたらす事をコンセプトとしていたアントチェアでしたが、1980年からは安全面を考慮して4本脚のデザインが主流となっていますので、3本脚のアントチェアは希少価値が高い製品です。

Leave a Reply