アルネヤコブセンのセブンスチェア

アルネ・ヤコブセンがデザインを手掛けた「セブンスチェア」は、1955年に誕生した作品です。
1952年に発表したアントチェアによって、インテリアデザインとしての高い評価を受けたアルネ・ヤコブセンは、後継ぎモデルとして3年後にセブンスチェアを発表しました。

高度な加工技術によって作られる積層合板の“軽さと強度”に優れたセブンスチェアは、永遠のスタンダードとして世界的に認められています。
モダンデザインが盛んだったミッドセンチュリー期の中でも、セブンスチェアは名作椅子と言われ、アルネ・ヤコブセンの代表的な作品でもあります。

北欧モダンデザインらしい美しいデザインに加え、セブンスチェアの滑らかな曲線を描いた独特のフォルムの座面と背面は、体のラインに沿ってフィットし、成型合板が生み出す“しなり”によって、大変座り心地の良い椅子に仕上がっています。

現在、セブンスチェアは多くの模倣製品が販売されていますので、そのデザインは日本でもよく見かける椅子の形のため、見覚えがあるという方も多いはずです。

しかし、セブンスチェアの模倣された椅子とオリジナル製品は、似ていて異なるものです。
フリッツ・ハンセン社から販売されているセブンスチェアは、一つ一つが丁寧に作られ、熟練の職人達によって組み立てられていますので、耐用性、座り心地に優れた機能的な椅子です。

Leave a Reply