ハンスJウェグナーのYチェア

1950年に誕生した「Yチェア」は、ハンス・J・ウェグナーがデザインを手掛けました。

生涯に渡ってデザイナーとして活躍したウェグナーが、500種類以上もの椅子を作り上げた中で、Yチェアは最も多く生産された製品です。

Yチェアとは、その名の通り背もたれの部分が“Yの字”のようになっている事からYチェアと名付けられました。フレームの柔らかな曲線が特徴的で、中国の僧侶が用いる曲ろくという椅子をモチーフに作られました。

緩やかに描いた背もたれのカーブによって、ゆったりとくつろぐ事が出来る座り心地に仕上がっています。

座面には、熟練の職人が一点一点手作業で編み込んだペーパーコードが使用されており、手慣れた職人でも編みあげるのに1時間要します。敢えてきつく編み込まずに緩やかに仕上げたペーパーコードの座面は、程良い弾力と柔らかさが出るため、長時間座ってもお尻が痛くならずに快適に過ごせます。

また、ペーパーコードは張り替えることが可能なので、Yチェアは一生物の椅子として愛用することが出来ます。

ウェグナーが生み出したYチェアは、木のぬくもりを感じることが出来る唯一無二の存在として、日々の生活の中で安らぎの時間を与えてくれる名作椅子です。

Leave a Reply