ポールへニングセンのPH5

ポールへニングセンは、北欧を代表する照明器具ブランドです。
デザイナーズ照明として、人気が高いポールへニングセンの作品は、1958年にコペンハーゲンで開催されたデンマーク工芸博覧会の『ガラス、光とカラー展』にて、ブランドの代表となる「PH5」を発表しました。

“対数螺旋”と呼ばれる独特のカーブを採用したPH5は、白熱電灯の不快な眩しさを押さるために、反射板を巧みに組み合わせて、温かみのある優しい光を生み出すように設計されています。大きさの異なる3枚のシェードが、直接光が目に入らないように工夫されているのです。

また、メインシェードの内部は赤く、メインシェード下のディスクには青色の塗装が施してあります。
彩色した事によって、温かみと同時に爽やかさを醸し出す光を生むことができ、PH5は58年に発売されて以降、高品質な照明器具として世界中で愛されている名作です。

ポールへニングセンの製品は、見た目の華やかな美しさからデザインを優先させた作品のようにも思えるのですが、あくまで良質な光を生むための“機能的で美しいデザイン”とされています。
そのため、ポールへニングセンの照明器具は、安らぎを覚える光によって落ち着きのある空間を作り上げることができます。

20世紀を代表とする照明デザイナーの一人と称賛されているポールへニングセンのPH5は、発売から50年以上経過した現在でも、当時と変わることなく世界中で使用されています。

Leave a Reply