Archive of ‘アルネヤコブセン’ category

アルネヤコブセンのセブンスチェア

アルネ・ヤコブセンがデザインを手掛けた「セブンスチェア」は、1955年に誕生した作品です。
1952年に発表したアントチェアによって、インテリアデザインとしての高い評価を受けたアルネ・ヤコブセンは、後継ぎモデルとして3年後にセブンスチェアを発表しました。

高度な加工技術によって作られる積層合板の“軽さと強度”に優れたセブンスチェアは、永遠のスタンダードとして世界的に認められています。
モダンデザインが盛んだったミッドセンチュリー期の中でも、セブンスチェアは名作椅子と言われ、アルネ・ヤコブセンの代表的な作品でもあります。

北欧モダンデザインらしい美しいデザインに加え、セブンスチェアの滑らかな曲線を描いた独特のフォルムの座面と背面は、体のラインに沿ってフィットし、成型合板が生み出す“しなり”によって、大変座り心地の良い椅子に仕上がっています。

現在、セブンスチェアは多くの模倣製品が販売されていますので、そのデザインは日本でもよく見かける椅子の形のため、見覚えがあるという方も多いはずです。

しかし、セブンスチェアの模倣された椅子とオリジナル製品は、似ていて異なるものです。
フリッツ・ハンセン社から販売されているセブンスチェアは、一つ一つが丁寧に作られ、熟練の職人達によって組み立てられていますので、耐用性、座り心地に優れた機能的な椅子です。

アルネヤコブセンのアントチェア

アルネ・ヤコブセンが生み出した名作椅子の一つである「アントチェア」は、1952年に誕生しました。
アリのように見えるフォルムであることから、“アント”という名前が付けられ、“アリンコチェア”と言う名でも親しまれています。

もともとアントチェアは、デンマークの製薬グループであるノポルディスク社の社員食堂用の椅子としてデザインを手掛けたものでした。そのため、大量生産ではなくプロトタイプでのプロジェクトとして作られました。
しかし、アルネ・ヤコブセンが椅子の売れ行きが思わしくない場合には、自らが買取を保障するとし、生産することが決定しました。

アントチェアは、世界初となる座面と背面が1枚の積層合板作られた椅子で、高度な成形加工技術が必要でした。アルネ・ヤコブセンの画期的で斬新なデザインと、フリッツ・ハンセン社の優れた技術によって完成したアントチェアは、現在でもフリッツ・ハンセン社の中で高い人気を誇るロングセラー商品です。

しかし、3本脚+人間の2本脚で安定感をもたらす事をコンセプトとしていたアントチェアでしたが、1980年からは安全面を考慮して4本脚のデザインが主流となっていますので、3本脚のアントチェアは希少価値が高い製品です。

アルネヤコブセンのエッグチェア

デンマークのデザイナーである“アルネ・ヤコブセン”が手掛けた「エッグチェア」は、1958年にコペンハーゲンにある、SASロイヤルホテルのためにデザインされた作品です。

エッグチェアの側面から見た時のシルエットが、まるで卵のように見えることから、“エッグ”と名付けられました。

独特のフォルムをしたエッグチェアですが、頭の高さまであるハイバッグの背もたれが、カラダ全体を包み込むように設計されています。
エッグチェアに座ってみると、自分だけの空間が生まれたような感覚になるため、とても落ち着きを感じる座り心地となっています。

もともとエッグチェアは、ホテルのロビーで使用することを目的に作られていますので、一つのテーブルを囲んで他人同士が隣に座ったとしても、一定の隔離が保たれるように作られました。

くつろぎの空間であることが求められるホテルで、アルネ・ヤコブセンは見た目にも美しくプライバシーにも配慮された、快適な時間を過ごすための工夫をエッグチェアのデザインに盛り込んだのです。

ちなみに、2008年に誕生50周年を迎えたエッグチェアは、世界999脚限定にて「リクライニング機能」を加えたアニバーサルモデルも発表されています。

デンマークの家具デザイナー アルネヤコブセン

北欧インテリアで人気のデザイナー「アルネ・ヤコブセン」は、デンマーク銀行やロイヤルホテルなどを手掛けたデンマークを代表する建築家のひとりです。

1940年に、デンマークがナチス・ドイツによって占領され、ユダヤ人であったアルネ・ヤコブセンは、当時親交のあった建築家であり照明デザイナーの“ポール・へニングセン”と共にスウェーデンに亡命し、スウェーデンでは建築ではなく、テキスタイルデザインを手掛けて過ごしていました。

第二次大戦が終了してから、デンマークに戻ったアルネ・ヤコブセンは、1950年代から家具デザインを本格的に始めました。

学生時代からパリ万博で銀賞を受賞するなど、早くからデザインの才能を発揮していたアルネ・ヤコブセンは、「アントチェア」、「エッグチェア」、「スワンチェア」など、数々の名作椅子と呼ばれる作品を生み出しました。

優雅な曲線美を描いた独特のフォルムや、新しい技術や素材を用いて誕生したアルネ・ヤコブセンの製品は、当時は非常に珍しい画期的なデザインでした。

彼のモダン様式は、現在の家具デザインの手本にもなっており、インテリアデザインにおいて、アルネ・ヤコブセンの功績は世界中で称えられています。