Archive of ‘ポールへニングセン’ category

ポールへニングセンのPHルーブル

デンマークのデザイナーであるポールへニングセンが手掛けた「PHルーブル」は、1957年にデンマークのスコスボーの教会のためにデザインされた照明です。

高天井用の照明として設計されたPHルーブルは、13枚のシェードに白色塗装を施し、眩しさを感じない照明効率が良い照明器具に仕上げました。

光が各シェードに同じ角度で当たるよう、緻密に設計されているPHルーブルは、全体を球型にしたことで見た目の美しさも去ることながら、室内にはなめらかな光が放つ仕上がりとなっています。
PHルーブルの明かりを灯せば、室内は教会の安らぎを思わせるかのような柔らかな光に包まれます。

現在は、デンマーク・コペンハーゲンの国務省オフィスにもPHルーブルの照明が備えられており、オフィスとは思えない北欧らしいオシャレな空間が広がっています。

また、不思議な事にPHルーブルは、柔らかな光を放つことから白のシェードが和紙のように見えることから、北欧製品でありながらも和室にも違和感なく使うことができます。
日本人にとっても使いやすいデザインとなっていますので、モダンでありながら部屋のテイストを選びません。

独特でありながらも部屋の雰囲気を壊すことがないシンプルな美しさは、いつの時代でも飽きのこない最上級のデザイン美を持っているとも言えます。

ポールへニングセンがデザインを手掛けた照明器具は、実際に明かりを灯してみることで、画像では伝わりきれない光の美しさを感じることができます。

ポールへニングセンのPH5の変化

北欧・デンマークの照明ブランドとして人気が高い“ルイスポールセン”から販売しているPH5シリーズの照明器具は、1958年に販売が開始されて以降、世界中の人々に愛されています。

そして、時代とともに省エネ電球への普及が高まってきたため、1994年には改良型の「PH5+」が発売されました。
(※現在は、PH5の生産が終了したため、PH5+がPH5となっています)

PH5シリーズでは、白熱電球(100W)と電球型ハロゲンの2つが対応だったのですが、PH5+では、白熱電球(150W)、電球型ハロゲンに加えて、電球型蛍光灯、電球型LED(18W)の全4タイプの電球が対応可能となりました。

昨今、日本でも注目されているLEDの電球を取り付けることで、消費電力を抑えてランニングコストの節約に繋げることが可能となり、PH5は省エネにも配慮された照明器具に生まれ変わったのです。
また、ボトムシェードをアルミからガラスに変えたことで、照明下の明るさが大幅にアップし、初期タイプのPH5よりも現在のPH5は機能性が上がっています。

さらに、2013年から発売されたPH5コンテンポラリーでは、現代建築にマッチするよう上品なカラーが採用されています。

ビビッドなレッドカラーのシェードなど、ポールへニングセンが生み出したレトロなデザインの照明も可愛いのですが、PH5コンテンポラリーの新しいタイプでは、オシャレな部屋に違和感なく、自然に溶け込む照明器具として使うことができます。

ポールへニングセンのスノーボール

1874年に創業されたルイスポールセンから販売されている「PHスノーボール」のランプは、照明に特別なこだわりを持っていたポールへニングセンが手掛けたシリーズです。

8枚のシェードランプをリ・デザインして1958年に発表されたPHスノーボールは、1983年に既製品化されたため、一般的にも購入できるようになった照明ランプの名作の一つです。
スノーボールという名前の通り、PHスノーボールは雪の結晶のような独特のデザインが特徴的で、北欧デザインならではのモダンな美しさを持っています。

PHスノーボールは、良質な反射板を得るためにシェードの内側には、ツヤを抑えたマットな塗装を施し、眩しさ(グレア)を抑えています。
さらに、外側には光沢のある塗装を仕上げた事で、室内に光が届くように設計された照明器具ですから、PHスノーボールの明かりを灯せばお部屋全体が優しい光に包まれます。

ポールへニングセンが生み出した照明器具達は、単に明かりを灯す器具としてだけではなく、電気を消している時にもインテリアに映える優美なデザインを兼ね備えているため、毎日の生活を楽しく豊かにすることができます。

お値段は少々高めの価格帯となっていますが、一度手にすれば一生ものとして大切にしていく事ができる製品です。

半世紀以上に渡って人々を魅了してきたPHスノーボールは、ポールへニングセンが照明分野でパイオニアとして、これまで残してきた功績を集約させたような逸品です。

ポールへニングセンのPH5とPH50

デンマークのデザイナーであるポールへニングセンの「PH50」は、1958年に発売された「PH5」の50周年を記念に作られたモデルで2008年に登場しました。

質の高い光で、室内の空間を美しく照らすために設計されたポールへニングセンのランプは、3種類の大きさの異なったシェードによって、直接眩しい光が届かない「対数螺旋」を取り入れたPHシリーズを生み出しました。

カーブが狭すぎても広すぎても十分な光を得ることが出来ないため、レプリカ品ではポールへニングセンの製品は真似できないと言われています。

50周年モデルでは、ランプの本体サイズに違いはありませんが、シェード表面を光沢のあるグロッシーな塗装に変え、「レッド・ブルー・ブラック・グリーン・ホワイト」の全5色で展開され、とてもカラフルで明るいデザインに仕上がっています。

また、中間ディスクの色に赤と青を使用していたPH5に対して、PH50では赤色に統一されています。反射板を赤くすることで、白熱蛍光灯の青白い光を柔らかな光に変える工夫が盛り込まれました。

冷たい蛍光灯の明かりがリビングルームで煌々と光っていることは不自然であり、爽やかな昼の光から温かみのある夕暮れへと光が移ろいで行くことで、人間の体はゆっくりと順応していくと考えていたポールへニングセン。

照明器具の名作と言われるPH5の新たなモデルとなったPH50は、ポールへニングセンが目指した北欧の夕暮れを思わせる自然で良質な光を再現しています。

ポールへニングセンの情熱

ポールへニングセンは、世界中の人々が憧れる高品質な照明器具を次々と誕生させたデザイナーです。
ポールへニングセンがデザインした照明器具は、北欧・デンマークの照明ブランドとして50年以上に渡り愛され続けています。

ポールへニングセンは、照明器具に対して非常に強い情熱を持つ人物でした。
1967年にこの世を去るまで、ポールへニングセンは照明デザインの改良を続けていたほどで、その情熱と努力によって生み出された作品から、近代照明のルーツはポールへニングセンにあると言われています。

光と影による美しい陰影と、眩しさを感じないグレアフリーなポールへニングセンのランプは、北欧の食卓を優しく包み込むようなぬくもりに満ちています。

ポールへニングセンが亡くなった現在においても、照明器具の開発に協力をしていたルイスポールセン社は、彼が作りだした照明器具の製造・販売を続けています。

ポールへニングセンのオリジナルの製品は、PH5で8万円以上と高価な製品です。
リプロダクトとして販売されている製品においては、半額以下の手頃な価格ではあるものの、構造、ディティール、塗装、全てにおいてのレベルが違います。

特に、光の質には大きな違いがあり、精密なデザインと高度な加工によって生み出されたポールへニングセンの照明器具は、人々の暮らしに穏やかな時間と安らぎを与える“至福の光”でもあります。
ポールへニングセンが残した本物の光を体験してみて下さい。

照明器具デザイナーのポールへニングセン

ポールへニングセンは、照明、建築、デザイン、レビュー作家、社会評論家など、ジャンルに問わず様々な活動をしていたことから、1930年代にはデンマークの急進的文化人としての地位を確立しました。

ポールへニングセンの数々の活動の中でも照明デザイナーとしての活躍は、デンマークのデザイン文化に大きな影響を与えます。
建築家として活動していたポールへニングセンでしたが、1925年に開かれたパリ工芸博覧会に参加し、照明デザインのコンペで入賞を果たします。

そして、デンマークのルイスポールセン社と出会い、照明器具の名作とされる「PH5」など、次々とクリエイティブな作品を誕生させていきます。
ちなみにPHとは、ポールへニングセンの名前の頭文字であり、シェードの直径が50センチであったことからPH5という名前が付けられました。

照明器具のデザイナーとして歩み始めたポールへニングセンは、生涯において200種類以上の製品を世に送り出しました。しかし、ポールへニングセンが目指したのは、デザインのバリエーションではなく””良質な光の追求“でした。

人工照明でありながら、自然光のような優しい光を生み出すポールへニングセンの照明器具は、時代を超えて愛される製品であり、現在でも多くのファンを持っています。

ルイスポールセン社の発展に大きく貢献したポールへニングセンは、照明文化において後世に影響を与えた偉大な人物として位置付けられています。

ポールへニングセンのアーティチョーク

デンマークのデザイン文化に貢献した“ポールへニングセン”が作り上げた名作の一つでもある「PHアーティチョーク」は、非常に芸術性の高い照明器具であり、とても高級な値段が付けられている照明器具です。

PHアーティチョークは、地中海沿岸に毎年花を咲かせる多年草のアーティチョーク(チョウセンアザミ)がモチーフとなっており、72枚の羽根と100種類以上のパーツで構成されています。
一つを制作するために、25人もの熟練した職人が携わっているため、大変手の込んだ照明器具でもあります。

羽根の内面には、ツヤを抑えた塗装が施されており、良質な光が反射される工夫が盛り込まれています。「銅のヘアライン、白色塗装のスティール、ステンレスヘアライン」の3タイプが製造され、絶妙なカーブを持った羽根をガラスで作り上げる技術は、高度なクラフトマンシップが要求され、決して簡単な事ではありません。

複数の羽根の厚さは3ミリに揃えられ、光と影が美しく映し出される優しい明かりは、間接光を上手く取り入れるための精密な加工技術が必要な製品です。

また、1940年に廃番となってしまった「PHアーティチョーク・ガラス」は、1927年~31年に生産されたもので、当時は「PHセプティマ」と名付けられていました。
PHアーティチョークの50周年を記念した際には、PHアーティチョーク・ガラスを特別注文にて個別生産されたことから、ポールへニングセンの中でも最高級の製品となっています。

ポールへニングセンのPH5

ポールへニングセンは、北欧を代表する照明器具ブランドです。
デザイナーズ照明として、人気が高いポールへニングセンの作品は、1958年にコペンハーゲンで開催されたデンマーク工芸博覧会の『ガラス、光とカラー展』にて、ブランドの代表となる「PH5」を発表しました。

“対数螺旋”と呼ばれる独特のカーブを採用したPH5は、白熱電灯の不快な眩しさを押さるために、反射板を巧みに組み合わせて、温かみのある優しい光を生み出すように設計されています。大きさの異なる3枚のシェードが、直接光が目に入らないように工夫されているのです。

また、メインシェードの内部は赤く、メインシェード下のディスクには青色の塗装が施してあります。
彩色した事によって、温かみと同時に爽やかさを醸し出す光を生むことができ、PH5は58年に発売されて以降、高品質な照明器具として世界中で愛されている名作です。

ポールへニングセンの製品は、見た目の華やかな美しさからデザインを優先させた作品のようにも思えるのですが、あくまで良質な光を生むための“機能的で美しいデザイン”とされています。
そのため、ポールへニングセンの照明器具は、安らぎを覚える光によって落ち着きのある空間を作り上げることができます。

20世紀を代表とする照明デザイナーの一人と称賛されているポールへニングセンのPH5は、発売から50年以上経過した現在でも、当時と変わることなく世界中で使用されています。